マンションナビの賃貸一括査定利用者の口コミでリアルな評判を検証

マンションナビの特徴の一つに、マンションの売買だけではなく、賃貸の希望も叶えてくれる「賃貸一括査定ができる」というものがあります。

売買6社+賃貸3社が査定不動産の候補として出てくるので、物件の今後をどうするか、考える幅を持たせてくれます。

実際に賃貸一括査定をしてみた人の評価はどんなものなのか、調べてみました。

マンションナビの賃貸一括査定をした感想

売却するという選択肢しか考えていなかった私ですが、マンションナビでは「賃貸」という選択肢も考えてくれて、売却・賃貸同時に査定してもらいました。査定の結果は賃貸よりも売却する方が得だということになったので、持ちマンションを売却。知識のない私に親切丁寧にサポートしてくださったマンションナビに感謝しています。

引用 オンライン不動産査定50社を徹底比較! https://www.marugoto.cc/navi/voice.php

この方のように、マンションを今後どうすればよいか、まったく知識がない状態から不動産会社を探す人は多くいらっしゃいます。

というより、一般人のほとんどの人が売却とか賃貸の知識を持っていないと言ってもいいかもしれません。売る事しか考えていなかったけれど、賃貸という選択肢もあるのだと気付き、賃貸一括査定により比較できるのはとてもありがたいサービスですよね。

賃貸一括査定により賃貸契約をする人は少ない

自分が住んでいた分譲マンションを離れる理由は、主に次の3つがあるのではないでしょうか。

1.何らかの理由で引っ越すことになり、戻る予定がない。
2.一時的に転勤などで離れるが、もしかしたら戻ってくるかもしれない。
3.相続等で資産が増え、今いるマンションに住まなくても良くなった。

いずれにせよ、賃貸物件にするとなると、自分がオーナーとなるために不動産ビジネスとして数多くのリスクが発生してきます。そんな事情もあり、実際には賃貸一括査定をして、売却よりも賃貸を選ぶという人の割合はかなり少なくなっています。

マンションナビの賃貸一括査定で慎重に検討する

単純に売るよりも、長くお付き合いすることになる賃貸は、本気でビジネスとして考えなければ難しいものです。でも、その本気があるのであれば、マンションナビの賃貸一括査定を使ってみてください。

賃貸物件にする時のノウハウをしっかり持っている不動産会社とのマッチングを行ってくれますし、適切なサポートも受けられます。

査定を複数社から得ることで比較検討しやすいですし、今後の計画をじっくり考えるには最適です。賃貸しか考えていなくても、売却の査定と一緒にとることで、さらに選択の幅も広がるでしょう。今後を真剣に考える。

マンションナビの一括査定は、そんなあなたの強い味方になってくれますよ。

マンションナビの特徴!売却だけでなく賃貸利用もできる

マンションナビは、ネット上で分譲マンションの物件情報を入力するだけで、一括で売買6社と賃貸3社の最大9社から査定結果が届くという非常に便利な不動産査定サイトです。

売却だけを考える人だけでなく、賃貸希望も叶えてくれるのが大きな特徴です。

普通の家だけど賃貸ってどうなのかな?という基本的なところからサービスの内容をちょっと深堀してみました。

マンションナビで賃貸も含めて一括検索する方法

マンションナビ以外にも不動産会社の査定を一括して依頼し比較できるサイトはたくさんあるのですが、マンションナビでは「賃貸」の相場査定ができるのも特徴です。

公式サイト上で住所とマンション名などいくつかの必要事項を入力すると、「査定会社のご選択」画面にマッチングさせた会社名やロゴ、チェック欄が出てきます。この時、売却・買取査定で6社が、賃貸査定で3社が表示されてきます。売買と賃貸で希望する方、あるいは両方から査定をしてもらいたい会社にチェックを入れると、各会社へ一括で査定依頼メールが送られ、その後は会社から利用者への連絡待ちとなります。

マンションナビで賃貸査定を依頼する前に押さえたいポイント

マンションナビで一括査定をしたい方のほとんどは、今住んでいる分譲マンションから引っ越したいとか、相続したけれどどうしようか迷っているという方が多いのではないでしょうか。

そこで選べる選択肢としては、確実に売れる不動産会社への「買取」と、不動産会社を仲介として他の人への「売却」と、「賃貸」の3つです。

売るだけではなく、そのマンションのオーナーとして賃貸にだし、入居者を募ることもできるのです。賃貸であれば、住宅ローンの支払い負担を減らせますし、将来やっぱり自分が住むという選択もできますし、将来自分のお子さんなどに資産として残すこともできます。

人によってはメリットも多い賃貸ですが、デメリットやリスクもあることは知っておきましょう。

例えば、入居者が決まった場合には不動産仲介業者への手数料もかかりますし、いざ入居した後には賃料を滞納されるリスクもあります。また、リフォームやクリーニングなどの費用もかかります。また、いざ本当に売却して資金を得ようという場合に、入居中のマンションは住宅としての売却ではなく、投資物件としての売却になりますので、場合によってはなかなか売却できない場合も考えられます。

それらを総合的に考えてみて、それでもやはり賃貸を選ぶのであれば、マンションナビは強い味方になってくれます。

マンションナビの賃貸査定は無料のサービス

マンションナビでの査定では、その土地のマンションについて、賃貸契約に強い会社とマッチングしてくれるので、その後の不動産会社選びが楽になります。

全国の店舗からマッチングしてくれるマンションナビは、無料で何度でも検索できるのでとても重宝しますよ。情報満載の公式HPを、一度覗いてみてくださいね。